複雑多様化した現代社会で生活する多くの方はストレスを受けています。
ストレスの影響は、不安・うつなどの心理的反応、頭痛・肩凝りなどの身体的反応、飲酒・喫煙・食行動などの生活習慣の変化という行動的反応にあらわれます。ストレスが過剰であったり、うまくストレス解消できないと、種々の精神的・身体的・行動的症状となりかねません。本クリニックではこうした症状を持つ方に寄り添いながら、適切な医療の提供を目指しています。

医療法人社団ウェルパートナー「メンタルクリニック恵比寿」
医療法人社団ウェルパートナー「メンタルクリニック恵比寿」

自律神経失調症
DYSAUTONOMIA

自律神経失調症とは
ABOUT DYSAUTONOMIA

自律神経失調症

2つの神経(交感神経と副交感神経)から成り立っているのが自律神経です。同神経によって、人間はこれといった意識をしなくても呼吸、体温、血管、内臓などの動きをコントロールすることができているのです。ただ何かしらの原因によって、それらのコントロールができなくなって様々な症状が現れている状態を自律神経失調症と言います。

同疾患は、ストレス、疲労、ホルモンバランスの乱れ、不規則な生活習慣といったことが引き金となって起きるとされ、これらが原因となることで2つの神経のバランスは崩れ、そのコントロールが困難となって、自律神経失調症を発症すると考えられています。

主な症状は以下の通りです。

  • ● 睡眠障害
  • ● 微熱が続く
  • ● 片頭痛
  • ● ひどい肩こり
  • ● 手足のしびれ
  • ● 息苦しさ、動悸
  • ● 食欲低下
  • ● 冷えやほてり
  • ● イライラ感、不安
  • ● めまい、立ちくらみ、耳鳴り、頭痛
  • ● 腹痛、下痢、便秘
  • ● 血圧や脈の異常
  • ● 疲労感、倦怠感 など

治療について

患者さんの訴えや症状などから自律神経失調症が疑われると、診断をつけるための検査(問診、自律神経機能検査(心電図検査のようなもの)等)を行います。その結果、治療が必要と医師から診断されれば、抗不安薬や抗うつ薬などによる薬物療法を行います。このほかにも症状をできるだけ緩和できるように、温熱療法・寒冷療法、マッサージといった理学療法(運動療法、物理療法)やカウンセリングなどの心理療法も行われます。

医療法人社団ウェルパートナー「メンタルクリニック恵比寿」

〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1丁目4番15号 恵比寿銀座クロスビル3F

JR恵比寿駅西口を恵比寿銀座方面へ。
直進1分ほど、『恵比寿銀座クロスビル』3階です。

予約専用電話 03-4500-6345